So-net無料ブログ作成
検索選択

花吹雪とともに:Cat blog NEKOJIE [あいさつする]

fumi_sakura_2003.jpg
桜の季節もそろそろ終わりに近づいて
どこからか飛んで来た桜吹雪が
うちのベランダをピンクに染めています。

4月12日(水)の朝、
我が家の長女猫ふみこ(愛称:ふうちゃん)が
虹の橋へと旅立ちました。
19歳7ヶ月(推定)でした。

上の写真は2003年(6歳頃)に撮影したものです。

3月の下旬からだんだん食が細くなり、
3/27と4/6と4/8に、
かかりつけの病院で点滴をしてもらいました。
便も自力で出せず、
獣医さんがおなかを押して出させてくれました。
最後の数日はおしっこもほとんど出なくなり、
私が獣医さんに習ったやり方でおなかを押して
排尿させていました。

ふうちゃんと相思相愛のうちの夫は
3月下旬から留守にしていて
帰宅予定は4/11。
それまで何としても命をつながなければと
食事のたびに、少しでも食べてくれる様に
ペースト状のウェットフードに水分をくわえたものや、
ミルクや、それも飲まない時はお水なども、
シリンジで少しずつ口に入れていました。

夫は1日早く4/10に帰宅。
命あるうちに再会することができました。

4/11(火)は私は平日休みで、
ふうちゃんがあまりにも何も食べられないので
もう一度点滴に連れて行こうと思っていました。
その日は大雨だったし、
夫も「行かなくていい」といいました。
点滴してももう時間の問題と夫もわかったのだと思います。

その夜、日付が変わってからも、
せめて少しでも水分をとらせたいと思って
3時台にミルクやお水を口に含ませました。

そして朝6時、夫が見に行った時には
亡くなっていました。
すぐに私も行ってふうちゃんをなでたら
まだ暖かさが残っていました。
私が最後にみた時と同じように
穏やかな表情でした。

fumi_kago_2017-04-12 15.03.49.jpg
私は火葬に立ち会えませんでしたが、
休暇中だった夫がお花で飾って送ってくれました。

今は寂しいというより、まだ現実感がない感じです。
家に帰ると、今までのように
「早くふうちゃんのごはんしてあげなくちゃ」と思ってから
もうしなくていいんだと気づく、という毎日です。

ふうちゃんのことを気にかけてくださった皆様、
どうもありがとうございました。


もう一枚、ふうちゃんの写真を掲載します。
どういうわけか、
ふうちゃんは目をあいたまま亡くなっていました。
もう少しこの世界をみていたいと思ったのかも知れません。
目を閉じてあげたかったけど
すでに固まっていて閉じられませんでした。
まだ生きているようにきれいな顔でした。

私にとっては愛おしい写真ですが
みたくない方もいらっしゃると思い、
テキストリンクにしました。
よろしければこちらからご覧ください。

よろしければランキングにご協力お願いします♪
Blog Ranking: Click this banner, please.


「こころ達の居場所」へ戻る


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 7

コメント 6

yhiga-siura

こんにちは、おひさしぶりです。
ご訪問させて頂いたら、ふうちゃんの悲報・・・
心からお悔やみ申し上げます。
ふうちゃん、穏やかな表情ですね。
その瞳はずっとhimikaさんたちを見続けて
くれますね。
ふうちゃん、himikaさんたちの愛情を一杯受けて
幸せだったと思います。
by yhiga-siura (2017-04-17 14:42) 

himika

★yhiga-siuraさん
久々の更新で
ビックリさせてしまってすみません。

ふうちゃんのアップの写真、見てくださったのでしょうか。
ありがとうございます。

この表情から、最期まで苦しまずに静かに旅立ったのかなと
安心しています。
これからも私たちを見守っていて欲しいです。
by himika (2017-04-17 19:24) 

nagomi

いろんな思いが込み上がって胸がいっぱいです。
ふうちゃん
とても穏やかなお顔ですね。
リンクも拝見しました。
とても幸せだった、と語っているようです。
ふうちゃん
すごくがんばりましたね。
himikaさんもお疲れ様でした。

心から、心から、お悔やみ申し上げます・・・


by nagomi (2017-04-17 23:18) 

himika

★nagomiさん
ありがとうございます。
ふうちゃんと過ごした19年あまりの日々は
幸せでかけがえのないものでした。
ふうちゃんも幸せと思っていてくれたらいいな。

虹の橋のたもとにはさんたくんというイケメン王子がいるんだよと
言っておけばよかったかしら。
さんたくんもふうちゃんも寂しがらずに
私たちが行くまで待っていて欲しいですね。
by himika (2017-04-20 06:10) 

ぴーすけ君

ふうちゃんの悲報
心からお悔やみ申し上げます。
by ぴーすけ君 (2017-05-01 19:58) 

himika

★ぴーすけ君さん
ありがとうございます。
精一杯頑張って長生きしてくれたと思うので
お疲れさまといいたいです。
気にかけてくださってありがとうございました。
by himika (2017-05-02 11:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。